お金に対する教育について

だれでも好きなお金のこと。 お金について、もっと若いころから勉強しておけばよかった、学校でもっと教えてくれたらよかったのに、ということを社会人になってから感じた人は多いと思います。お金に関するとこといっても範囲は広いですが、入ってきたお金で支出を賄うコツや、税金や社会保険のこと、クレジットカードのこと、住宅ローンのこと、さらには投資のこと、もっといえば経済の仕組みが自分に与える影響など、いろいろなことが範囲に含まれてきます。これら一つ一つをすべて専門家並みに詳しくなることは大変でしょう。

なにも専門家並みに詳しくなる必要はありませんが、概要や骨格を学校で教えてくれればよかったのにと思います。詳しくはその都度必要な時が来たら詳しく勉強すればいいでしょう。しかし、概要が分かっているかいないかは、自分で都度勉強する段階で大きな差を生みます。

また、大人になったら教育の受け方も選択肢が増えてきますので、それをプラスにしていきましょう。セミナーに行くだけでなく、自分にあったことをマンツーマンに教えてもらうという選択肢があります。例えばお金の専門家であるファイナンシャルプランナーや税理士などのコンサルタントに相談することがあるでしょう。これをお金を払ってアドバイスをもらうと考えるだけでなく、お金を払って勉強していると思えば、次に何か起こった時にも活かせる知識を吸収できるようになるでしょう。学校で教えてくれなかったことを効率的に取り戻しましょう。