お金を自分に投資することを考える

だれでも好きなお金のこと。 お金は生活のために使うもの、将来必要なものを買うために貯めるものという意識を持っている方が多いと思います。これ自体、何の問題もなく間違っているとも思いません。しかし、これだけでは、お金が十分活かされているとは言い切れないと思います。お金を活かすという観点でいうと、もっとやれることがあると思います。その一つは、お金を金融資産に投資をして稼ぐという方法がありますが、これは増えるかもしれませんが減ってしまうかもしれないというリスクがあります。リスクを抑えていけば結局貯金と変わらないものになってしまいます。

投資は、年齢や状況によってはリスクが大きすぎ、投資することが難しいかもしれません。そこで登場してくるもう一つのお金の活かし方が自分への投資です。自分への投資は、例えば英語の勉強のため、資格取得のためにお金を払うこともそうですし、趣味を究めるための習い事もそうでしょう。また、健康への投資という観点で、スポーツクラブへ行くことも自分への投資と言えるかもしれません。日頃、余暇のために消費していると考えていることは、実は見方と意識を変えると自分への投資とみることもできるかもしれないのです。

自分への投資は裏切られることがありません。どのぐらい活きるかが読めないというリスクはもちろんありますが、少なくとも経験を積むことになるためマイナスになるリスクは極めて低いのではないでしょうか。人間は自分が資本です。これに投資するのが人生を生きる中で一番確実で成果が読めるお金の活かし方なのではないでしょうか。