だれでも好きなお金のこと。

だれでも好きなお金のこと。 お金は、誰もが好きです。お金があれば、不安も心配もなくなると考えられているからです。実際、欲望があればあるほどお金は必要になります。たとえばおいしいものを食べたい、やせるために美容整形をしたい、もしくは高額な化粧品を使いたい、子供にいい塾に通わせたい、習い事をさせたい、など欲望はうえを見れば尽きません。しかしながら、幸せと金銭は直結しないのもまた事実です。お金のことを全く考えないですごせるほどたっぷりあるか、もしくは持たない暮らしをするかが、お金に振り回されない人生を送ることになります。

うちは湯水のようにはありません。むしろ、いっぱいいっぱいです。しかし、いっぱいいっぱいというのも私の尺度であり、持っているほうだという人もいるでしょう。湯水のように使えないのは事実なので、持たない暮らしを目指すほうが手っ取り早そうです。持たない暮らしというのは、たとえば洋服は気に入ったもの数着にするですとか、おいしいものはたまのご馳走にしてとっておくという姿勢です。お肉が好きならば毎日のように高級なお肉を食べたいと思うかもしれませんが、100グラム800円するようなお肉は、なにかの記念日のご褒美にとっておけばそれだけで贅沢を感じることができるはずです。

ただ、一度裕福な暮らしをすると、なかなかそこの基準から抜け出せないというのが人間の性です。いつでも、戻れるように生活のふり幅を意識して暮らすことをおすすめします。